プロフィール

machiko

Author:machiko
2014年7月に退職をし、8月下旬から3か月間はセブ島の英語学校へ、その後1年間はアイルランドでワーキングホリデーをして過ごします。現時点では、希望よりも不安が勝っていますが、海外で奮闘する私の姿を記録していきます。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:アイルランド国内旅行
皆様、

クリスマス休暇中の国内旅行第2弾です。
キルケニー地方に続いて向かったのは、Warterford市です。
今回の旅の目的は、ウォーターフォードクリスタル☆

クリスタルと言うと、日本ではバカラが有名ですが、ウォーターフォード社製クリスタルも世界有数の高品質ブランドの一つです。
イギリス王室の結婚式で話題となったウェストミンスター寺院、そしてワシントンのケネディセンターで燦然と煌くシャンデリアこそ、我らがウォーターフォード社の技術の賜物と言えます。

今回は、その世界に名立たるウォーターフォードクリスタルを求め、ウォーターフォード市へ。
この日も長距離バスを利用しました。
ダブリンから3時間程バスに揺られると、そこには小樽を彷彿とさせるような素敵な港町、ウォーターフォード市街が。
DSC02060.jpg

暫く街を散策しただけで、辺りはあっという間に暗くなってしまいました。
クリスマス時期という事もあり、夜の市街は更に美しさが増します。
そのまま夜の街並みを堪能し、その日はホテルに泊まる事に。
DSC02103.jpgDSC02085.jpg

DSC02066.jpgDSC02070.jpg

翌朝、昨晩とは打って変わり、街はすっかり昼間の表情を取り戻していました。
朝食のpizzaをペロリと平らげ、ミッキー?(では無いw)と握手をし、
DSC02045.jpgDSC02043.jpgDSC02051.jpg

いざ出陣☆
おぉっ‼これがかの有名なウォーターフォード社(*´▽`*)
子供用観覧車まであって、さすが天下のウォーターフォード社、立派です‼
DSC01897.jpgDSC02038.jpg

目玉が飛び出すほど高価なクリスタルを前に、テンション上がりまくりました^^
DSC01904.jpgDSC01906.jpgDSC01909.jpgDSC01941.jpg

店内のクリスタルに見とれていると、程なくして申し込んでいた工場ツアーが始まりました。
DSC01965.jpgDSC01964.jpgDSC01973.jpgDSC01966.jpg

店内も工場内も全て撮影Okでしたので、遠慮無しにシャッターを切らせて頂きました。
DSC01987.jpgDSC01999.jpgDSC02025.jpgDSC02003.jpg

時折ポーズを決めたり、気さくに話しかけてくれる職人さん達。
製作途中の作品にも、躊躇なく触らせて貰えました。
DSC02010.jpgDSC02027.jpg

最後は色々と迷った挙句、小振りな花瓶を購入。
ダブリン市内でも購入する事は出来ますが、工場で購った方が気持ちお安く、そして何より、使う時の思い入れが格段に違ってきます。
職人さん達の真剣な眼差しを思い浮かべて、大切にします(^^)/
DSC02112.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 machiko
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:アイルランド国内旅行
皆様、

このクリスマス休暇で、アイルランド国内を旅行してきましたので、その模様をお届けします。
まず初めに、これらの陶器、見たことありますでしょうか?
DSC02155.jpg
と言うか、画像が小さくてすみません。。
こちらはアイルランド、キルケニーを代表する陶芸家、ニコラス・モス氏の作品です。

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、私machikoは食器、マグカップ、陶器、ガラス…といった類を集めるのに目がありません。
中でも旅先で出会った食器類は、使用する度にその時々の情景を思い出す事が出来るので、とても大切にしています。
ニコラス氏の食器については、日本にいる間も、ほんの数回ですが、使用しているカフェに出会ったことがあり、
その当時から、インターネットで少しずつ集めていました。

そこで今回は、彼の工房へ行ってみる事に。
一見、大掛かりに聞こえるかもしれませんが、彼の工房は観光名所と化しており、街の人に聞けば誰でも知っています。
情報を集めるのには、全くと言って良い程、苦労しませんでした。

そしてこちらが、その工房。
ダブリンからは長距離バスで3時間程のキルケニー地方にあります。
工房の周りにアヒルがいたりして、そこには正に絵本の中の世界が広がっていました~(*´▽`*)
DSC02184.jpgDSC02182.jpgDSC02172.jpg

店内の様子。
想像以上に可愛いです。可愛い過ぎます(*ノωノ)
DSC02140.jpgDSC02143.jpg

当たり前ですが、これでもかと言うくらいにニコラス・モスの作品が溢れていていて、嬉しい溜息が止まりませんでした。
DSC02159.jpgDSC02186.jpg

電話で問い合わせた際に、クリスマス休暇中は作業場の見学は出来ないと言われていましたが、少しだけ絵付けの工程を見る事が出来ました。
この温かみのあるモチーフは、スポンジを使って施されています。独特ですよね。
DSC02135.jpgDSC02152.jpgDSC02149.jpg

工房内のカフェでは、ニコラス・モスの食器を使って食事が出来ます。
ここのキッシュ、とっても美味しかったです‼
DSC02192.jpg

そしてここで、Big過ぎるサプライズがありました。
お店に来てから、ちょくちょく私に話しかけてくれていた店員さんが、連れてきてくれたんです。

(゚Д゚;)ニ、ニコラス・モス~~~~‼
DSC02202.jpg
それを見ていた地元のお客さんは、「私よく来るけど、初めて見たわ。彼、滅多に来ないから、あなた本当にラッキーよ。」と言っていました。
ビックリし過ぎて、暫く口をあんぐりさせていましたが、気を取り直して、その後はしっかりと2人で写真を撮らせて貰ったり、サインを頂いたりしちゃいました(´艸`*)kkkk

そして、更なるBigサプライズはここから。、
ニコラス氏:「僕、日本で1年間修業してたんだよ~。」
machiko:「あぁ知ってます。萩ですよね?インターネットで見ました。」
ニコラス氏:「ありがとう、僕の事、本当良く知ってるね。ちょっと待ってて。」


と言って持ってきたのがこちら↓
DSC02248.jpg
machiko:「馬のモチーフだ。。ネットでも見たことないんですけど、新作ですか?」
ニコラス氏:「これは売り物じゃないよ。孫の為に作ったやつ。念の為に2つ作ったから、1つあげる。」


そう言って、近くにあったマジックで書きにくそうにサインをして、くれました。
えっーーーーーっ!?これって、かなり凄くない‼?( ;∀;)ガクガク
何人もの店員さんに耳元で、「この食器、貴重だから、絶対洗わない方がいいですよ。」と囁かれる始末。
期せずして出会ったニコラス・モス氏本人。
私にとっては、まさしく本物のサンタクロースだったのでした(ノД`)・゜・。
DSC02249.jpg

そして、今回も例に漏れず、たくさん購入してきました↓
DSC02254.jpgDSC02262.jpg
ジャーン‼家で眺めながらニヤニヤしています。

ぼってりとした温かみのあるモチーフは、どこか日本的で、ほっこりとした気持ちにさせてくれます。
アウトレットコーナーでは、ほんの少しスタンプが薄いだけの物や、スタンプ位置がずれている物が半額以下で売られていましたヽ(^o^)丿ウェーイ
ネット上で使い道が分からず、買い渋っていた小さなボウルは、多肉植物を入れて展示してありました。
さっそく真似してみようと思います‼
いやぁ、持って帰るの大変だった~(´▽`)
日本にはどうやって持って帰ろうw ha

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 machiko
DATE: CATEGORY:未分類
皆様、

新年明けましておめでとうございます。
昨年は、これまでと全く異なる環境に身を投じ、色々と新しい経験をした年となりましたが、皆様の温かいご支援ご声援のお陰で、無事、何事もなく2014年を終える事が出来ました。
いつも本当にありがとうございます。
そして、2015年も色々とご心配をおかけするかとは存じますが、変わらぬお付き合いを頂けますと幸いです。
DSC02311.jpg

さて、かなり久々の更新となってしまいました。
皆様きっと、思い思いの年始を過ごされている事と思います。
私はと言うと、ホストファミリーと親戚の方々とカウントダウンpartyをして、新しい年を迎えました(^^)‼

午前0時には花火が打ち上げられ、家の外に出た近所の方々と互いに「Happy New Year‼」と、挨拶を交わしたり、クラカーを引き合ったりと、寒さに耐えつつも、暫くそのお祭りムードを味わいました(^^♪。
アイルランドでは、あくまでもメインはクリスマスで、New Yearは、そこまで派手では無いようですが、私にとっては、外国人の私を家族同然に迎え入れてくれたホストファミリーとの、心温まる忘れらない年越しとなりました^^

年越しの後は、毎年恒例の初Runへ。
父親からの箱根駅伝速報を受け、無性に走りたい衝動に駆られるという、毎年のパターンです。
まだ静かで人気のないダブリン。
少し不思議な錯覚に陥りましたが、すがすがしく、気持ちの良いRunでした。

先ほどまで騒然としていた近所には、人っ子一人いません。
DSC02306.jpgDSC02307.jpg

公園やbeachにも。
DSC02305.jpgDSC02303.jpg

今年は、近所の白幡神社で甘酒飲めないんだな。。等と思いつつ、改めて2015年はここアイルランドで頑張ろうと強く心に決めるのでした。
DSC02318.jpg

そして、2015年の相棒。可愛くないですか(*´ω`)?
DSC02346 (1)
母の影響で、ここ数年、その年の干支グッズを購入しています。
幸か不幸か、ここアイルランドは羊の国。羊グッズには、事欠きません。
アイルランドの人々は、十二支なんて全く知りませんけどね~^^
一緒に色々な経験をして、11月には日本に連れて帰ろうと思います、ヨロシクね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 machiko
DATE: CATEGORY:未分類
皆様、

 年末を迎え、何かとお忙しくされている事と思います。
私machikoも学校の授業と並行して、PPS番号取得やら口座開設やら諸々の作業を終わらせるべく、粛々と手続きを進めています。
と言っても、あくまで学生。気楽です。
1日1日を大切に。このモラトリアムを無駄にしないようにと、自分自身に言い聞かせます。
さて今回は、Hard Rock Cafe in Dublinに行った様子をお届けします。

 ダブリンに来たら、必ず立ち寄ろうと決めていたHard Rock Cafe。日本では、六本木をはじめ、上野、横浜、福岡等でお馴染みですね。イギリスロンドンには、嘗てエリック・クラプトンが足繁く通ったと言う第1号店があるそうです。無論、ロンドンに行く際は、お邪魔したいです。因みにフィリピンでは、マニラにHard Rock Cafe Makatiがあります。物凄く行きたかったのですが、マニラに行く機会が無かったので、今回は泣く泣く諦めました(´・ω・`)

 話をダブリン店に戻しましょう。店は、ファッショナブルなレストランやカフェ、アートミュージアム等がひしめくテンプルバーエリアにあります。学校の至近です。

まずは外観から。日本の店舗よりも大きく、格好良いです。
なんというか。。貫禄を感じました。
DSC01614.jpg

X’mas時期なので、サンタが出迎えてくれました。勿論、Rockしてます。ファンキーですね。
DSC01565.jpg

店内には、Red Hot Chili Peppersの♪Universally Speakingが流れていました。
店内は落ち着いた雰囲気で、店員さんも親切でしたよ!
家族連れが目立ちました。
DSC01585.jpg

メニューは、日本と変わりません。私は定番のハンバーガーを注文。
店内を見回しましたが、U2のサイン等は見つけられず。。
因みに先日、ホストマザーの車でリードボーカルBono宅の前を通り過ぎました。NYやフランスにも自宅を所有しているそうですが、少し感動しました。
DSC01611.jpg

熱烈なコレクターという訳ではありませんが、Hard Rock Cafeの地域限定グッズを地味に集めています。今回も例に漏れず、ショットグラスやら、Tシャツやらを購入。“Hard Rock Cafe in Dublin”と書かれたTシャツに至っては、4枚購入しました。crazyです。言い訳をさせて貰うと、一部商品を除き通信販売がされていないので。。って、やはり買い過ぎですね。反省します。
DSC01645.jpg

 Hard Rock Cafe。存在は知っているけど、入ったことはないという方。Rock好きでなくとも、アメリカンな店内を、十分楽しめると思います。何より、旅の記念になりますし。一度、お近くの店舗や、旅先の店舗に立ち寄られてみては如何でしょう^^

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 machiko
DATE: CATEGORY:アイルランドでの日々
皆様、

最近、ランニングを再開しました^^
と言っても30~40分を週に4日程度ですが、近所を探検がてら走っています。

先日、砂浜をランニング中の事。
DSC01479.jpg

とっても可愛いので、すかさずランニングを中断し、気づけば夢中になってシャッターを切っているのでした。
DSC01478.jpg

途中、「何で何で?こっち向いて~!」等としていると。
DSC01475.jpg

「Ahhh( ̄▽ ̄)」
DSC01477.jpg

再び、シャッターを切りまくる私。
DSC01473.jpg

全く動じない2人。
DSC01470.jpg

私が満足したタイミングで、2人仲良く帰っていきました。
ありがとう、また会えるかな(´ー`)
DSC01480.jpg

 machiko

copyright © 2017 machikoの仮初めダイアリー all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。